2004年12月31日

【HP通信】第11号 懺悔 2004年12月31日 0:46

HPです。こんばんわ!

明日、大阪の実家に帰省します。
親に合格の報告をします。
でも、資格のことは理解されないと思いますが・・・
中小企業を経営しているのですが、
去年帰ったときには、
経営なんか、勉強してわかるものじゃないといわれましたから。
親の会社こそ、診断・助言・改善が必要だと思うのですが。

【映画CEO】
ヒデヤンさんのブログを見て、
映画「CEO最高経営責任者」を見に行きました。
http://www.uplink.co.jp/ceo/index.html

診断士をめざす前はこのようなタイプの映画は見なかったでしょう。

なので、お客さんは10人くらいしかいませんでした。

企業は、経営者次第なんだなあ、と当たり前のことを感じました。

自企業を超えた、中国の国民を豊かにするんだ!
という理念と挑戦。

不適格品76個を全社員の前でハンマーで叩き壊す
厳しさと品質管理の意識付け。

外資からの買収、を撥ね付け、自社のブランドを守る
頑なさ。

海外進出における、顧客の期待を上回るマーケティング戦略。

若手人材の登用。自社で大学までもっている。

他にも、6S、新工場建設、資金繰り難、多角化戦略、など
診断士学習でおなじみのストーリーが流れていきます。

ホームページ右上のの「CEO度チェック」も楽しめます。
HPは30〜40%とあまり適正がないようです、残念!

映画のあと、東京ミレナリオを見に行ったりと
久々に一般人のような休日を楽しみました。


【今年の懺悔】

HPは1年間、非常識人でした。

正月帰省しても、食事や初詣以外は部屋にこもって
写経してました。親に呆れられました。

会社に出社して、まず考えることは
どれだけ学習時間を捻出できるか、でした。
それを中心に仕事のスケジュールを組んでいました。

昼食後、眠い時はひたすら電車で寝てました。

502教室などネットは会社PCのみで見てました。

できるだけ、移動時間の長いクライアントを訪問してました。

模試・演習問題等をコピーしまくり。
枚数は怖くていえません。
一次模試・過去問は電車で山ほど解くことができました。

同僚との昼食・飲み会は年に数回。

ビデオ教材はひたすらダビング。
録音が禁止されている講座も録音。
著作権・肖像権の侵害、甚だしい。

寝ている間ずっと、講義MDの再生。
これは、睡眠障害になりそうでしたので、
寝る前、起きるとき1時間ずつに変更しました。

ヒエピタシートをおでこに貼って、
アンメルツを肩・首・腕・目の下に塗っての受験。
後ろの席の方、すみませんでした。

昼食時、どんな店でも、写経。
どんなに混んでいても、並んでいても。

試験2日前から全ての電話等の線を抜きました。

大阪にいる祖母の具合が悪いのですが、
TACの斎藤学院長に個別相談で、
「試験日と葬儀が重なったときにはどうすれば」と質問し、
「絶対に試験を優先しなさい」と即答され、
スッキリしました。覚悟を決めました。
(今のところ、大丈夫みたいです)

まだまだありそうですが、
年末に、この場を借りて懺悔いたします。
posted by HP at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 【バックナンバー】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。