2006年07月23日

【インドの回想】2〜3日目 深夜列車2

みなさん、こんばんは!

HPです。

世間ではもう夏休みなので
GWのインドのことは早く書かなきゃ

深夜列車に乗り込んで席を探しました。
3段ベッドや2段ベッドが所狭しと並んでいます。
しかも、かなり蒸し暑い。

自分の寝台(細長い2段目)に上がって
荷物を上げました。

寝返りも打てないスペース。
どっと汗がふきだします。

しばらくして列車が発車して、
冷房が少しずつ効いてきました。

まわりを見渡すと日本人グループを発見。

今日1日インド人との交渉の日々だったので、
同郷の民とコミュニケーションを取りたくなったのでした。

その人たちは東京からツアーできたのでした。
情報交換をして、インド人の手口を説明したのでした。

添乗員のいる彼らにはそんなストレスには無縁なのでした。

インド人の添乗員もやってきて、
しりとりをしたのですが
優勝はインド人添乗員でした。

強いのは数学だけではないのです。
posted by HP at 19:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【旅】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21264036

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。