2006年06月10日

【インドの回想】2日目 ボラレまくったデリ観光その6

みなさん、こんばんは!

HPです。

ライフワークになりそうな
インドの話です。

寺を出て、
ニューデリー駅に向かいました。
地球の歩き方の地図を見ながら
両脇にサリーや雑貨の店の並ぶ
細い路地をズンズン進んでいきました。


ぜんぜん着かない・・・

やばい・・・

人々に道を聞いた。
なかなか話が通じない・・・

やっと理解してくれる人がいて
わざわざリクシャを停めてくれて
駅まで連れっていってくれる人を探してくれた。
条件は
「相場の10ルピーで、土産物屋に連れていかないこと」
なかなかいなくて、5人目くらいでやっと見つかった。

この人や、塔を案内してくれた方の
共通点は2人とも高貴な顔をしていた。

人は顔で判断してはいけないけど
カースト制の残るインドでは
やっぱり血筋はあるのかなぁ〜

5分くらいで無事に駅に到着。
10ルピーを払おうとすると
「ハードワークだからもう少し」
といわれたので、20ルピー(約55円)
を払いました。

まっいいか!

(つづく)
posted by HP at 00:35| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 【旅】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。