2006年01月18日

【問題】ディベートに負けないようにするには?(2次試験で×をもらわないようにするには?)

みなさん、こんばんは!

テレビ中毒@HPです。

昨晩、正月に録り溜めていたドラマのビデオを倍速でガンガン見ていました。
(4週連続旅に出ていたもので溜まりに溜まっています・・・)

寝ようとして、ビデオを止めたら、ディベート番組をしていました。


「ニッポンVSニホン」

「鼻をかんだときに見るかVS見ないか」

とか、テレビを見ているとやはり馬鹿になるなぁ〜
と感じはじめていましたが、眠いのを我慢して
審査員が中谷さんなので見ていました。

最後の勝負は、
「別れた恋人の写真を捨てるかVS捨てないか」

なぎら健一VSディベート4年連続日本一

なぎらさんのアピールは独特なとぼけがあり面白かったです。

対する4年連続さんは、なぎらさんの矛盾点をつくなど
論理的かつ構成もしっかりしています。

時間配分、内容の濃さ、しゃべりかたも
非のうちどころがありません。
脅威は、4年連続日本一という肩書が
審査員の判定に不利に働かないか?
ということだけでしょう。

4年さんにもそのプレッシャーがあったように感じました。

なぎらさんは失うものがない!

最後の1分のアピールタイムに4年さんは、
とっておきにネタを披露しました。
「戦場カメラマンの沢田教一さんの未亡人も
 沢田さんの写真を大事にもっている」
というものでした。

対戦者のなぎらさんは
「沢田さんを最後にもってこられたら、かなわないな。
もっとまじめなネタにすればよかった」
と脱帽されていました。


でも、私はこれは題意をはずしていると思いました。

失恋と死別はちがいます!

気負わずに自分の個性を出し切った
なぎらさんに軍杯が上がりました!



posted by HP at 00:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【問題】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。